ロゴ株式会社 福井タイヤ商会

オイル交換
愛車を元気に保つ秘訣は「早めのオイル交換」
  • エンジンのコンディションを良好に保つために「早めのオイル交換」をお心がけください。
エンジンオイル交換
  • エンジンオイルはエンジンを保護し、また動作をスムーズにする作用と冷却する作用があります。
    タイヤ館では、エンジンオイル交換の目安を3,000km~5,000km 走行毎、もしくは3ヶ月~6ヶ月でお勧めしています。
    お客様のご使用状態により劣化の度合いは異なりますので、エンジンのコンディションを良好に保つために、早めの交換をお勧めします。
    オイル交換2回に1回はオイルエレメント(フィルター)の交換をしましょう。
ミッションオイル交換 デフオイル交換
  • ミッションオイル、デフオイルなども劣化していきますので交換が必要となります。一般的な使用環境での交換目安は2年間です。
    スポーツ走行では3,000km~5,000km 走行が目安になります。
    オートマチックフルード(ATF)は2万km 走行、もしくは2年が交換目安です。
ブレーキオイル交換
  • ブレーキオイルはブレーキペダルを踏み込んだ力を制動装置に伝達するために重要なもので、日常点検が必要です。
    量が著しく減っている場合は、オイル漏れなどによりブレーキ性能が著しく低下することもありますので、無理に運転すること無く、早めのブレーキオイル交換をお勧めします。
当店ならではのチェックポイント
  • ポイント① 事前チェック~問題がある場合はお客様に報告します~
  • (1)オイル交換前の量と汚れをチェックします。
  • (2)点検結果をお客様に報告します。
  • (3)エンジンオイルの汚れがひどい場合はエンジンフラッシングをお勧めします。
  • (4)オイルフィラーキャップを外し、キズ等の痛みや水の混入を示す症状が無いかを確認します。
  • (5)ドレンボルト部のオイル漏れの確認を行います。
  • エンジンフラッシングとは
  • エンジンオイルが著しく汚れている場合、汚れたオイルを抜き取るだけでは、汚れがエンジン内部に残留し、オイル交換の効果を低下させる場合があります。
    汚れたオイルを抜き取った後、洗浄用オイルを注入し、エンジンを回転させて汚れを落とし、洗浄用オイルとともに汚れを排出する作業をエンジンフラッシングといいます。
ポイント② ドレンボルト等は必ずチェック
  • ポイント② ドレインボルト等は必ずチェック
  • エンジンオイルが著しく汚れている場合、汚れたオイルを抜き取るだけでは、汚れがエンジン内部に残留し、オイル交換の効果を低下させる場合があります。
    汚れたオイルを抜き取った後、洗浄用オイルを注入し、エンジンを回転させて汚れを落とし、洗浄用オイルとともに汚れを排出する作業をエンジンフラッシングといいます。
オイル種別 交換の目安
  • あなたの愛車にはたくさんのオイルが使われています。
    これらのひとつでも汚れたり漏れたりすると、故障してしまうだけでなく、大きな事故につながる危険性があります。
    下の表を目安にして、早め早めのオイル交換を心掛けて、愛車の元気を保ちましょう。詳しくは当店の「セーフティーサポーター」にお問い合わせください。
  • オイル種別 交換の目安表
  • (注意)『オイル種類別交換の目安』はあくまで参考指標です。お車の状況や車種によっては、交換できない場合があります。詳しくは店頭にてお店のスタッフ「セーフティーサポーター」にお問い合わせください。
福井タイヤ店舗ネットワーク
工業用品販売
各種サービス